みさ店長のブログ

手づくりレザー製品の「Sari&Misa」つくる人兼店長のブログ

Sari&Misaと本のこと。

こんにちは。つくるひとです。

今日は、色々な用事を済ませることができました。

さりさん(Sari & Misaボスであり、夫)も私も、なかなか家から出たがらないので、「今日は行ける!」という感じの日に一気に色々やっちゃいます。

 

さりさんのお父さんに、先日出版社から届いたばかりの本を送りました。

(なかいみさ著「おはなし」12月発売です。よろしくお願いします!)

何か感想を言っていただけるかしら。ドキドキします。

 

f:id:misa4:20181105151631j:plain

そして唐突ですが、パンクファッションのお店【Sari & Misa】の商品の紹介を・・・。

パキっと綺麗な真っ赤ロンT。伏せ字にするだけで危険な言葉に見えるから不思議。

二度見されるために、いかがですか?

 

f:id:misa4:20181105152100j:plain

パンク!なTシャツ!うちの人気商品です。ブルーの他に、グリーン、ブラック、ホワイトがあります。どの色も結構なインパクト!

 

f:id:misa4:20181105152454j:plain

ちょっとシュールなイラストのトレーナーも、今の季節超オススメです。

「それについては明日考えます」悩みのなさそうなコウモリくん。XXLサイズでユルっとダポっとキュートに着られます。

 

そんなお店、【Sari & Misa】はこちらです。

sariandmisa.theshop.jp

 

どうぞよろしくお願いします!

 

 

f:id:misa4:20181105153229j:plain

f:id:misa4:20181105153232j:plain

上の写真は、本文とは何も関係のない、我々の楽器練習風景です。

 

Sari&Misaと本のこと。

こんにちは。つくるひとです。

今日は、色々な用事を済ませることができました。

さりさん(Sari & Misaボスであり、夫)も私も、なかなか家から出たがらないので、「今日は行ける!」という感じの日に一気に色々やっちゃいます。

 

さりさんのお父さんに、先日出版社から届いたばかりの本を送りました。

(なかいみさ著「おはなし」12月発売です。よろしくお願いします!)

何か感想を言っていただけるかしら。ドキドキします。

 

f:id:misa4:20181105151631j:plain

そして唐突ですが、パンクファッションのお店【Sari & Misa】の商品の紹介を・・・。

パキっと綺麗な真っ赤ロンT。伏せ字にするだけで危険な言葉に見えるから不思議。

二度見されるために、いかがですか?

 

f:id:misa4:20181105152100j:plain

パンク!なTシャツ!うちの人気商品です。ブルーの他に、グリーン、ブラック、ホワイトがあります。どの色も結構なインパクト!

 

f:id:misa4:20181105152454j:plain

ちょっとシュールなイラストのトレーナーも、今の季節超オススメです。

「それについては明日考えます」悩みのなさそうなコウモリくん。XXLサイズでユルっとダポっとキュートに着られます。

 

そんなお店、【Sari & Misa】はこちらです。

sariandmisa.theshop.jp

 

どうぞよろしくお願いします!

 

 

f:id:misa4:20181105153229j:plain

f:id:misa4:20181105153232j:plain

上の写真は、本文とは何も関係のない、我々の楽器練習風景です。

 

なかいみさ著「おはなし」12月発売です!

こんにちは。

よく食べよくお昼寝する、つくるひとです。

 

小説をつくるひとでもある私は、12月に小説を出させてもらうことに。

その、本が、完成して届きました。

f:id:misa4:20181102182838j:plain

表紙です。

 

f:id:misa4:20181102182904j:plain

裏表紙です。千円+税!

 

f:id:misa4:20181102182944j:plain

帯です。なんだかかっこよさげに作ってもらいました(*´Д`)

 

短編小説集でして、「スナックかいわれ」「うちゅう人」「消灯」「西日本座敷童子協会」「未明の湖畔にて」「ねんねこしゃっしゃりませ」の、6つのおはなしが入っております。

 

それぞれちょっと雰囲気の違うおはなしです。

 

↓↓どの作品も一番に読んで、校正など助けてくれた、さりさんからの推薦文です。↓↓

 

「なかいみさの創り出す世界は、この世界に対するパラレルワールドのような不思議な浮遊感を感じてしまうかもしれない。

しかし!これは確実にあなたを含む、当事者意識に対する世界、小宇宙なのです!

こんな世界で生きていることを、ほんのちょっぴり感謝したり笑えたり、また、時には涙が出てきてしまったり。

そんな「なかいみさ」の世界にどっぷりハマって、素敵な新年を迎えてください!」

 

 

皆様、どうぞよろしくお願いいたします!!!(*^▽^*)

 

 

 

 

 

パンクロックファッションのお店【Sari & Misa】オープンしました!

GET ! GET !こんにちは。

 

9月1日、オリジナルTシャツと雑貨のお店をオープンしました。

f:id:misa4:20180907224756j:plain

非常なるパンク精神溢れる、かっこよいお店にするためオープン前から、さりさん(我がボス)と、あーでもないこーでもないと言いながらたくさんの商品を作りました。

 

f:id:misa4:20180907225435j:plain

パンクのモットーTシャツ!

 

f:id:misa4:20180907225538j:plain

シュールなうさぎラグランシャツ!

 

f:id:misa4:20180907225657j:plain

パーカーも多数ありますよ!

 

f:id:misa4:20180907225728j:plain

パンクスであっても、そうでなくても必需品ですね、缶バッジ!

缶バッジもサイズ、デザイン色々あります。

 

ぜひぜひ覗きに来てください!他ではなかなか見つからない、「これだー!」っていうお気に入りに出会えるかも!

 

☆Sari & Misa☆

sariandmisa.theshop.jp

早く、早く冷たい珈琲を。(つくるひとが作っているものもの)

ひさしぶりのブログの更新です。

最近は、今までよりもさらに色々つくるひとになっています。

f:id:misa4:20180725003016j:plain

パンダとコウモリの缶バッジです。

革ジャン、バッグ、帽子に。

缶バッジは、ジャケットに付けてもカッコ良いですよ。

f:id:misa4:20180725005144j:plain

ジャケットに穴開けるのがイヤ?そんなこと言ってちゃ立派なこどもになれないぜ。

 

f:id:misa4:20180725005754j:plain

素敵Tシャツもたくさん作っています。

 

オリジナルTシャツとグッズのオンラインショップを立ち上げたらすぐに報告しますので、恥ずかしがらずにぜひ来てくださいね。

 

 

明日は、ボスであり会長であり社主であり夫である少年さりさんと市役所に行ったり銀行に行ったりと、用事をたくさんする予定です。

ポカリスウェットを共にして。

f:id:misa4:20180725010507j:plain

コウモリと呼ばれたことはある?それはなかなかの気分よ。

 

ボンボヤージュ、ムッシュ

 

つくる人が小説を応募しまして。

f:id:misa4:20180309132828j:plain

あ!!

なかいみさ、、大阪府、あった!

 

名前の上にマークがないので二次予選通過で三次敗退ですねー。

 

文學界新人賞という大きな賞で、そこまで行ったことが嬉しくて、本当に心躍っています。

 

小説を書いたのは二回目でした。前書いたのは短編だったので、今回は初めての長編(といってもかなり短め)!

 

さりさん(いつでも勢いのある我がボス!)に「小説書いてみなよ」と言われなければ、絶対に書かなかったので、本当に本当にさりさんに感謝です。

恩返しのためにももっともっと頑張って、いつか賞を獲れるようになります。

 

嬉しいーーー!(*'▽')

 

嬉しいーーー!(/・ω・)/ ヨイヨイ♪

 

f:id:misa4:20180309135008j:plain

ありがとうーーー!!!これからもよろしくお願いします・・・。

 

 

 

 

 

 

 

 

つくる人の詩。

つくる人である店長は、詩も作っているのですが、ずっと前に「詩人会議」に投稿した詩が6月号に掲載されていました。

気が付くのが遅くてついこの前、バックナンバーを送ってくださいと依頼して購入しました。

f:id:misa4:20171011111740j:plain

 

 

みさ店長の詩↓↓

f:id:misa4:20171011110518j:plain

f:id:misa4:20171011110550j:plain

無題   なかいみさき

 

小さい人が出てきた

 

「いっぱい抱っこして

いっぱい話しかけてあげて」

二人きりにされた

 

ダンブラウンの天使と悪魔を朗読

外来の待ち合い図書にあったから

興味なさそう

 

「何やってるの!抱っこしないと!

おっぱいあげて、ほら!」

小さい人は上手く吸えず諦める

 

「ご家族、ここに寄らなかったのね

新生児室でこの子見て帰ったのね」

この小さい人は無視されない人らしい

喜ばれる人

 

老い助産

どの小さい人も優しく抱く助産

「良かったわね男の子で

一生お母さんの味方でいてくれるよ」

へゃぁと声をあげる小さい人

 

繋がった管から養分をもらったとか

そんな恩義に縛られずに

色々見て自分で判断し

味方になるべき相手を選ぶといいよ

 

 

 

 

こういう詩です。

選評ももらいました。

f:id:misa4:20171011112503j:plain

「ちょっと面白い人が現れた」と言ってもらいました。

 

 

とても嬉しいです。

 

これからまた詩もつくろうと思いました。

小説もうまくいったら嬉しいです。

 

 

 

 

f:id:misa4:20171011113443j:plain

まぶしいからと言って手を伸ばさなかったのは、他でもない自分自身でしょ?