みさ店長のブログ

手づくりレザー製品の「Sari&Misa」つくる人兼店長のブログ

つくる人の詩。

つくる人である店長は、詩も作っているのですが、ずっと前に「詩人会議」に投稿した詩が6月号に掲載されていました。

気が付くのが遅くてついこの前、バックナンバーを送ってくださいと依頼して購入しました。

f:id:misa4:20171011111740j:plain

 

 

みさ店長の詩↓↓

f:id:misa4:20171011110518j:plain

f:id:misa4:20171011110550j:plain

無題   なかいみさき

 

小さい人が出てきた

 

「いっぱい抱っこして

いっぱい話しかけてあげて」

二人きりにされた

 

ダンブラウンの天使と悪魔を朗読

外来の待ち合い図書にあったから

興味なさそう

 

「何やってるの!抱っこしないと!

おっぱいあげて、ほら!」

小さい人は上手く吸えず諦める

 

「ご家族、ここに寄らなかったのね

新生児室でこの子見て帰ったのね」

この小さい人は無視されない人らしい

喜ばれる人

 

老い助産

どの小さい人も優しく抱く助産

「良かったわね男の子で

一生お母さんの味方でいてくれるよ」

へゃぁと声をあげる小さい人

 

繋がった管から養分をもらったとか

そんな恩義に縛られずに

色々見て自分で判断し

味方になるべき相手を選ぶといいよ

 

 

 

 

こういう詩です。

選評ももらいました。

f:id:misa4:20171011112503j:plain

「ちょっと面白い人が現れた」と言ってもらいました。

 

 

とても嬉しいです。

 

これからまた詩もつくろうと思いました。

小説もうまくいったら嬉しいです。

 

 

 

 

f:id:misa4:20171011113443j:plain

まぶしいからと言って手を伸ばさなかったのは、他でもない自分自身でしょ?